ダイエットでリバウンドするわけ

ダイエットでリバウンドするわけ

一般的なダイエットには大きく分けると2つの方法があります。一つは身体に入ってくるエネルギー量を抑える方法。もう一つは身体から出て行くエネルギー量を高める方法です。痩せるためには足し算と引き算の関係で、プラスにする量を少なくするか、マイナスにする量を増やすかしかないのです。多くの場合、ダイエットと言えば、この両方の方法を組み合わせることで効果を上げていくことになります。摂取するカロリーを減らすことは大事なのですが、極端な食事制限は身体を痩せにくくしてしまう可能性すらあります。この理由は3つあります。一つ目は、実は食べるという行為そのものが、ある程度のカロリーを消費する行動だからです。これはサーモジェニック効果と言われ、食べた物を消化、吸収するために内臓が働き、食べ物を分解する過程で発熱するのです。寒い冬に食べ物を食べると身体が温まるのを経験したことのある人もいるでしょうが、それはこのサーモジェニック効果によるものです。

二つ目として、人類は長い歴史の中で、度重なる飢饉や食糧難を経験してきました。このため、人間の身体は脂肪を蓄え、こうした困難な時期を乗り越えるようにできています。ダイエットをするとリバウンドしてしまう人が多いのは、ひとつはこのことが関係しています。極端な食事制限に取り組むたびに身体のほうは食糧難が来たと勘違いするのです。このことで食糧難を経験した身体は次の食糧難に備えて、より効率的に脂肪を溜め込もうとします。これが、一時的に痩せても、次は余計に太ってしまうカラクリです。最後に、極端な食事制限によって、脂肪がある程度減少しても、筋肉まで落としてしまうことが、より痩せにくい身体をつくる原因となります。普段私たちの身体は炭水化物や脂肪を分解してエネルギー源を得ています。食事としてカロリーが入ってこなければ、脂肪を分解して燃やしますが、これに加えて、筋肉を分解してたんぱく質をエネルギー源として使うこともあります。

続きを読む(ダイエットでリバウンドするわけ(2))

ダイエット向け健康食品情報

酵素ドリンク おすすめ
ダイエットに人気の「酵素ダイエット」に使う
おすすめの酵素ドリンクのランキングサイトです

お知らせ

  • 2012年11月26日: 当サイト「ダイエットでリバウンドするわけ」をリニューアルオープンしました